東京プチ旅行スポット

問屋街でショッピング

東京には同種・同業の卸売業者が連なる問屋街がいくつかあります。卸売価格は魅力なものの、通常、卸売業者はプロの業者を相手に商売をしていて「素人お断り」。ですが、中には業者ではない一般の人々が気軽に買い物できる問屋街もあるので、そんな街で賢くショッピングしてみてはいかがでしょう。

 

東京の問屋街で最も有名なのはかっぱ橋道具街でしょうか。食器や調理器具、厨房設備などを扱う170店があります。ここは小売りもしており、浅草の観光スポットの1つにもなっています。

 

日本橋にある横山町・馬喰町にあるのは、日本でも最大級という現金問屋街。ファションや生活雑貨などを扱う業者が連立しています。ここの卸売業者の多くは原則的に素人には販売していませんが、中には一般人でも買い物できる店があります。

 

また、横山町・馬喰町新道通り会が夏と冬の年2回開催している「大江戸問屋祭り」はねらい目。普段は素人お断りの店でもショッピングを楽しめます。

 

一方、西日暮里にあるのは繊維問屋街。布地や手芸用品、衣類などを扱う60以上の問屋が建ち並ぶこちの問屋街では一般でも買い物OKです。布地だけでも多彩な種類を、しかもお値打ち価格で販売しており、いつも多くの人で込み合っています。

 

同じく、ハンドメイド好きにおススメなのは、浅草橋界隈の問屋街。元々あったおもちゃや文具などの問屋に、近年はビーズやアクセサリーパーツを扱う業者も増え、女性客を中心にたくさんの一般買い物客が訪れる問屋街です。