東京プチ旅行スポット

都内で登山

高尾山は東京の登山スポットとして有名な山。都心からも日帰り登山が可能で、初心者でもチャレンジしやすいことから人気があり、さらにあのミシュランの三つ星に選定され、一層の注目を集めています。この高尾山をはじめ、都内にいくつかある登山を楽しめる山々をご紹介しましょう。

 

高尾山は新宿から電車で1時間ほどのアクセス。標高599メートルの山には全ルートを歩く3コース、途中まではケーブルカーやリフトを使う3コースなどがあります。全ルートを歩くコースでも2時間ほどで登頂できるそうです。

 

高尾山は豊かな自然に恵まれている地としても知られています。1400種前後もの自生植物、数多くの生息する野鳥など、自然を満喫しつつ気負わずに登山を楽しめます。お弁当を持参するのもいいですし、高尾山の名物、そばや天狗ドッグも味わうのもいいでしょう。

 

この高尾山の山頂からの山道を西へ向かって、神奈川県との県境にあるのが標高約855メートルの陣馬山の山頂。ここは関東の富士見百景の1つにも選定されています。2つの山頂間、約14キロの道のりは約4時間半で縦走できるそう。

 

次にご紹介するのは、奥多摩の標高929メートルの御岳山。パワースポットとしても知られる、首都圏のハイカーにも人気の山です。標高約830メートルの御岳駅までケーブルカーがあり、ここから山頂の武蔵御嶽神社へと参道が続きます。また、御嶽駅からリフトで行ける展望台からは都心の高層ビル群までも望める絶景を堪能できます。