東京プチ旅行スポット

高層ビル

2012年に開業した話題の東京スカイツリー。高さ350メートルの展望デッキ、高さ450メートルの展望回廊と、上空からの街並み眺望にも注目が集まっています。東京スカイツリーの高さには及ばなくても、東京都内には高さ200メートルを超す高層ビルが幾つもあり、有料/無料で素晴らしい眺望を堪能できます。

 

新宿区の東京都庁の第一本庁舎は地上48階、約243メートルの高さ。展望室は高さ202メートル、45階にあります。東京スカイツリーよりの展望台よりも150~250メートルも低いものの、その東京スカイツリーを望むこともできますし、入室が無料というのも嬉しいところ。午後11時までオープンしているので、イルミネーションが美しい夜景も満喫できます。

 

豊島区のサンシャイン60はその名の通り、地上60階、高さ約226メートルのビル。1978年に開業したサンシャイン60は東洋一の高さを誇ったこともあります。展望室は最上階にあるので、建物の高さは低いにも関わらず、都庁よりも展望ポイントは高いことになります。また、1階から60階まで35秒で到達するというエレベーターもウリです。入場料は大人620円、小中学生460円。

 

港区の六本木ヒルズ森ビルは地上54階、高さ238メートル。52階に展望フロアの東京シティビュー、53階には森美術館があります。また、ビルの屋上の東京スカイデッキは、屋外展望台としては都内一の高さです。入館料は一般1500円、4歳~中学生500円。スカイデッキへは別途500円が必要です。